海外事業責任者の社外からの登用について

株式会社EventHub(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山本理恵)は、イベントプラットフォーム「EventHub」の海外での事業展開を開始することに伴い、海外事業部を新設しました。このたび、社外から選任を行い、増田 “アレックス” 晃 一を海外事業責任者として登用しましたので、お知らせします。 

1.目的

 世界的に新型コロナウイルスの影響によりイベント業界は大幅な縮小を余儀なくされ、イベントを通じたつながりの創出の機会が大幅に減ってしまいました。EventHubはオンラインイベントという形式を使い、価値のあるつながりの創出を日本国内のみならず、アジア全域に展開し、国境を超えた経済の発展に寄与すべく、海外事業の展開を開始します。今回、海外事業展開を進めるため、増田 “アレックス” 晃 一を登用いたしました。増田はGoogle Japan、米国Podium、サンエソンジャパン、 Booking.comで直販営業、代理店パートナー営業新規事業開発など幅広い業務に従事してきた豊富な経験を活かして、EventHubの海外展開チームを指揮します。 EventHubはAPAC(アジア太平洋地域)にてマーケットリーダーとしてイベント市場を牽引していくこ とを目指します。 

2.増田 ”アレックス” 晃一のプロフィール

 2013年米国ジョージ・ワシントン大学大学院国際科学技術政策科卒業。
 2013年、Booking.comに入社、日本法人にて営業に従事。2015年サンエジソンジャパン入社、電力の小売全面自由化に伴う新規事業開発を担う。入社9ヶ月で同社が倒産した際は、「ピンチはチャンス」と捉え再渡米、2016年米国ユタ州Podiumに BDR (Business Development Representative) として入社。Podiumではダイレクトセールス、 パートナープログラムの設立ならびに同社の海外展開事業に従事。2020年、Google Japan入社。広告事業の代理店営業に従事。2022年2月からEventHub入社。海外事業部の責任者に就任。 

3.就任コメント 

 私が入社した当時、Podiumは社員数約20名の小さな会社でした。その後4年弱の間に社員数は1000名、売上も毎年200%以上の成長を維持し続けました。パートナーの戦略的価値という観点から経営陣やセールスリーダー達とともに会社の成長方針を作った経験は、私がビジネスにかかわる軸となっています。
 Googleでは100%リモート環境で、シンガポールやスペイン、アメリカなどのオフィスメンバーと連携しつつグローバルにGoogleの営業施策の実行を加速させました。EventHubでも、全世界から優秀な人材を採用しチーム作りをしたいと考えています。
 EventHubは、「人がつながる、世界が近づく」をミッションに掲げています。世界的に移動や渡航の制限が続き、ビジネスとエンドユーザーを繋ぐことの重要性は高まり、欠かせないものとなっています。まさに今、国境や海を超え、人々を繋げ、より世界を近づけることを可能にするサービスが求められています。日本をベースとしたEventHubがもつ、日本らしいきめ細やかなサービスとサポートは、APAC地域において受け入れられ共感を生むと感じています。世界につながるビジネスのきっかけをつくり、地域経済の活性化に貢献していきたいと考えます。
 これまでの経験を活かし、EventHubの事業拡大と成長を推進し、今後3年間で日本発のスタートアップとしてアジア市場でNo.1のイベントプラットフォームになることを目指します。

まずはEventHub概要資料をご覧ください。

お問い合わせはこちら
問合せ画像

その他のお役立ち情報