イベントプラットフォーム「EventHub」、「東京ゲームショウ2020 オンライン」へ導入

株式会社EventHub (東京都中央区、代表取締役:山本 理恵) が提供する、イベントプラットフォーム「EventHub(イベントハブ)」は、2020年9月23日から27日に開催された「東京ゲームショウ2020 オンライン」(略称:TGS2020 ONLINE)に導入されました。

導入の背景

東京ゲームショウ(TGS)は、毎年幕張メッセで開催され、総来場者数 25万人規模を誇る世界最大級の総合展示会です。

しかし、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、出展者や参加者の安全確保の観点から、本年度はオンラインで開催されました。

昨年度は、TGSのビジネスデイにおいて出展企業と参加企業間の商談やネットワーキングを促すためのツールとして「EventHub」を導入いただきました。結果例年と比べ商談数も増え、世界に向けて最新情報を発信する国際的展示会として、ゲームビジネスにおけるハブとしての役割の高まりを示す結果となっています。

新型コロナウイルスの影響により4月からオンライン展開を本格的に開始しており、これまでのオフライン利用時の結果から、初となる東京ゲームショウ2020 オンラインにて「EventHub」の導入へいたりました。

「東京ゲームショウ 2020 オンライン」 概要

  • 名称 : 東京ゲームショウ2020 オンライン (TOKYO GAME SHOW 2020 ONLINE)
  • 実施 サイト : https://tgs.cesa.or.jp/
  • 主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
  • 共催:株式会社 日経BP、株式会社 電通
  • 後援:経済産業省会期:2020年9月23日(水)~27日(日)
    ※9月23日は「オンライン商談」のみ

導入機能について

昨年度は主に「ビジネスマッチング機能」のみの導入でしたが、今年はバージョンアップしたEventHubオンラインを多面的にご利用いただきました。

ご利用機能

  • ・チケットの有料販売
  • ・セミナー動画配信
  • ・ビジネスマッチング
  • ・マッチング後のウェブ会議機能

参加者がEventHubで作成されたチケット販売ページから購入し、中にログインするとセミナー動画を視聴したり、他の企業とメッセージ交換をしながら交流ができる仕組みになっていました。今回は会場ではなくオンライン商談であったため、商談予約が成立した後はEventHubが発行するウェブ会議室に移動するだけで、オンライン商談にもスムーズに移行できる仕組みを提供しました。

結果

約1000名弱の参加企業担当者の間で、3,472件のメッセージ交換と760件のウェブ面談が実施されました。ログインした参加者1人にあたり平均約4件のメッセージ送信、3件の面談リクエストが送付され、オンライン空間であっても非常に高いアクティブ率に繋がりました。

TGSご担当者さまコメント

コロナウイルスの影響で急遽今年はオンライン化をせざるを得ませんでしたが、昨年からEventHubシステムを導入して、ビジネスデイの交流・商談数が増加しました。新たな機能を加えて、オンラインイベントにおいても、同様の機能とサービスをゲーム業界の皆様に提供したいと思い、今年もEventHubさんにお願いしました。結論しては、非常に参加企業にも好評でした。TGSにおいて、ビジネスマッチングシステムの参加企業の半数以上が海外企業です。国境・タイムゾーンを超えて、オンライン空間上で全てが完結する仕組みは参加企業にとっても非常に利便性が高く、高い商談率を達成することができました。

イベントプラットフォーム「EventHub」について

「EventHub」は、企業が営業、マーケティング、採用や顧客関係維持のためにイベントを開催する際に利用する、ビジネスイベントに特化したイベントプラットフォームです。数十人規模のウェビナーから、大規模オンライン展示会まで幅広い種類のイベントをオンライン空間で開催することが可能です。

会社概要

  • 会社名:株式会社EventHub
  • 所在地:東京都中央区東日本橋3-4-18 東日本橋EXビル7F
  • 代表者:代表取締役CEO 山本 理恵
  • 設立年:2016年
  • URL:https://eventhub.jp/

まずは資料を
ダウンロードしてみよう!

お問い合わせはこちら

その他のお役立ち情報