ZoomとVimeoでライブ配信するには?Vimeoの使い方からご紹介

オンラインイベント完全攻略
ガイドブック
  • オンラインイベントの特徴や開催方法を知りたい

  • 運営の工数を減らすために、効率よく進めるノウハウを知りたい

  • ウェビナーツールの選定方法や比較ポイントを知りたい

Zoomを使って配信するオンラインイベントが増えてきました。カメラなどの高度な機材がなくても、気軽にライブ配信をできるようになりましたが、設定方法が複雑になるため、念入りに手順を確認しなければなりません。そこで本稿ではVimeoの基本的な使い方と、ZoomをVimeoに投影してライブ配信を行う方法をご紹介します。

▼EventHubではVimeoやZoomの視聴ログが視聴可能|サービス概要資料を見る

ZoomとVimeoを連携するメリット|YouTubeとの違いは?

Zoomではミーティングルームを動画配信サービスにそのまま流し込むことができ、オンラインイベントでも簡単にライブ配信を実施できます。YouTubeなど動画配信サービスが多数ある中、Vimeoを活用すると以下の利点があります。

広告が表示されない

Vimeoでは、動画の冒頭や視聴途中で広告が入ることがなく、視聴者は動画に集中することができます。

動画の公開範囲を細かく設定できる

YouTubeでは一般公開と限定公開の2種類の設定のみですが、Vimeoではより公開設定の自由度が高くなり、セキュリティの強化が可能です。パスワードをかけたい、埋め込みページのみ公開したいといった場合は、Vimeoで配信すると良いでしょう。

  • 一般公開:誰でも閲覧可能
  • 限定公開リンク:URLを知ってる人のみ閲覧可能
  • パスワード:動画閲覧の際、パスワード入力が必須
  • Vimeoで非表示にする:他のサイトに埋め込めるが、Vimeo上では閲覧できない

商用利用できる

YouTubeは規約上、動画の販売が禁止されており、これに違反するとアカウントがブロックされる恐れがあります。一方VimeoはProライセンス以上であれば商用利用が可能です。

Vimeoのプランは?

一部機能は無料で使えますが、容量や使う機能によってプライシングが変わります。

Basic

Plus

Pro

Business

Premium

料金

無料

¥700/月

¥2000/月

¥5000/月

¥7500/月

容量

週500MBまで

週5GBまで

週20GBまで

総容量5TBまで

総容量7TBまで

商用利用

×

×

ライブ配信

×

×

×

×

今回のようにVimeoを利用してライブ配信をする場合、ストリーミング配信が可能なPremiumプランへご契約する必要があります。プランについての詳細は、公式ページをご覧ください。

ZoomとVimeo連携して配信する

実際にZoomとVimeoをつないでライブ配信をしてみましょう。

〈準備するもの〉

  • Zoomアカウント(有料)
  • Vimeoアカウント(Premiumプラン以上)

Zoomはカスタムライブストリーム機能を使うため、有料プランを用意する必要があります。ご注意ください。

Vimeoでライブ配信の準備をする

Zoom→Vimeoライブ配信をするには、まずライブイベントを作成し、作成したイベントのRTMP配信キーを取得します。

①ライブイベントを作成する

[新しい動画]をクリックし、[ライブイベントを作成]します。

イベントを定期的に開催する場合は[繰り返し]、それ以外は[1回限り]を選択します。プライバシーでは公開範囲を設定します。

②配信設定をする

詳細の配信設定を進めましょう。希望に応じてサムネや埋め込み設定をしてください。[埋め込み]タブの[動画管理]から、再生バーと音量調整が表示されるように設定します。

カスタマイズ機能では、Vimeoのロゴを削除してオリジナルロゴに変更したり、色のカスタマイズも可能ですので、イベントに合ったものを設定しましょう。

 

③RTMP配信キーを取得する

[プロダクション管理]から[RTMP経由でストリーミング]をクリックすると、ライブ配信画面に遷移します。

 

画面右側にある[接続(RTMPS)]タブをクリックし、[RTMP URL]と[ストリームキー]をコピーします。後ほど、これらをZoomに入力することで連携が可能になります。

 

ZoomからVimeoに投影する

①新規ウェビナーを作成

[ウェビナー]>[ウェビナーをスケジュールする]から、ルームを作成します。必要な項目を設定したら、[保存]をクリックしてください。

 

②カスタムストリーミングサービスを設定する

画面を下にスクロールすると、[ライブストリーム配信]という項目があるので、[カスタムストリーミングサービスを設定]をクリックします。

 

こちらに先ほどVimeoで取得した[RTMP URL]と[ストリームキー]を入力し、[保存]をクリックします。ライブストリーム配信のページURLにはVimeoリンクを記載してください。

 

③ライブ配信を開始する

キーの入力が完了したら、配信を始める準備を進めましょう。作成したウェビナーの[開始]をクリックし、Zoomを立ち上げます。

 

立ち上がったZoomの[詳細]から、[ライブ中 カスタムライブストリーム配信サービス]をクリックします。

下記画像のように接続が開始され、しばらくたつとVimeo側で自動的に配信が開始されます。

正常に配信されているかどうか、実際の視聴画面もあわせて確認しましょう。

 

まとめ

ZoomとVimeoの連携は複雑なステップを踏むため、常に配信トラブルと隣り合わせです。あらかじめ操作方法を確認し、念入りにリハーサルを実施するようにしてください。

EventHubではVimeoなどの動画を埋め込むことができるほか、動画配信サービスを経由せず直接Zoomをイベントページに埋め込むことが可能です。そのため上記のような複雑なVimeo連携を行わずに、オンラインイベントを気軽に開催できます。

はじめてのオンラインイベントでも大丈夫!EventHubを活用したオンラインイベント事例集はこちら、サービス概要はこちらをご覧ください。

まずはEventHub概要資料をご覧ください。

お問い合わせはこちら
問合せ画像

その他のお役立ち情報