ZoomとYouTubeでライブ配信をするには?設定と連携方法をご紹介

オンラインイベントでYouTubeやZoomなどを使って配信するケースが増えてきました。カメラなどの高度な機材がなくても、気軽にライブ配信をできるようになりましたが、設定方法が複雑になるため、念入りに手順を確認しなければなりません。そこで本稿ではZoomをYouTubeに投影してライブ配信を行う方法をご紹介します。

▼EventHubではYouTubeやZoomの視聴ログが取得可能|サービス概要資料を見る

オンラインイベント完全攻略
ガイドブック
  • オンラインイベントの特徴や開催方法を知りたい

  • 運営の工数を減らすために、効率よく進めるノウハウを知りたい

  • ウェビナーツールの選定方法や比較ポイントを知りたい

ZoomとYouTubeを連携してライブ配信する

〈準備するもの〉

  • Zoomアカウント(有料)
  • YouTubeアカウント(無料)

Zoomは一部無料でも利用できますが、YouTubeと連携する場合は、有料プランにアップグレードする必要があります。

YouTubeアカウントを用意する

YouTubeはアカウントさえ開設すれば、配信まで無料で行うことができます。ただしライブ配信の申請が事前に必要となるため、以下の手順にしたがって設定を進めてください。

①Youtubeのアカウント発行と合わせてYouTube Liveの申請する

ライブ配信の有効化には24時間ほど時間を要するため、予めアカウントの設定&ライブ配信の有効化をしてください。完了したらYoutubeホーム画面右上のプロフィール画像をクリックし[YouTube Studio]を進みます。

 

②左サイドメニューの[設定]をクリック

 

 

③設定パネル左側の[チャンネル]を選択し[機能の利用資格]タブをクリック

※ライブ配信を行う場合、過去90日間にライブ配信に関する制限を受けていないことが必要になります。

④スマートフォンによる確認が必要な機能の欄にある[電話番号の確認]をクリック

⑤表示される手順に沿ってアカウントを確認

  • 国を選択する
  • 認証方法(ボイスメッセージまたはテキストメッセージ)を選択する
  • 電話番号を入力する
  • 受け取ったコードを入力する

アカウント認証完了後、ライブ配信が可能になるまで24時間程度かかります

⑥可能になったら、スマートフォンによる確認が必要な機能が有効になっていることを確認

*申請・承認・設定方法などは適宜変更されます。最新の情報は公式サイトよりご確認ください。

Zoomのライブストリーミングを許可する

Zoomアカウントは、ライブストリーミングが行える、Proプラン (¥2,000/月〜)以上の契約が必要です。

YouTubeと連携するためには、YouTubeとのライブストリーミングを許可する必要があります。Zoomの管理画面の[詳細]から、[ミーティングにて(詳細)]>[ミーティングのライブストリーミングを許可する]を[ON]にし、[YouTube]にチェックマークがあるか確認してください。

※OFFになっていると、配信ができません

 

ZoomをYouTubeに投影する

事前の設定が終わったら、配信の準備を進めましょう。ZoomとYouTubeを連携して配信する方法は以下のいずれかになります。

  1. すぐにライブ配信:YouTubeにてライブ中
  2. 予約配信:カスタムライブストリーム

1の方法で配信する場合、ZoomとYouTubeのアカウントが紐づいていれば、Zoomを立ち上げ、配信開始ボタンを押すだけでライブ配信を始めることができます。一方2の場合は、ストリーミングキーの入力が必要になるなど、前者に比べ手間は少し増えますが、予約配信ができ、事前に配信リンクを共有できるなどの利点があります。

ライブ配信をすぐ始めたい場合は1で、予約配信が必要なイベントやセミナーでは2で配信すると良いでしょう。

1.すぐにライブ配信を始める

1のようにすぐライブ配信を開始する場合は以下の設定を行ってください。

①[ウェビナー]>[ウェビナーをスケジュールする]から、新規ウェビナーを作成

必要な項目を設定したら、[保存]をクリックします。

※[ミーティング]からでも可

 

②作成したウェビナーの[開始]をクリックし、Zoomを立ち上げる

 

③立ち上がったZoomの[詳細]から、[ライブ中 YouTube]をクリック

 

④ZoomとYouTubeアカウントを連携する

連携したいYouTubeのアカウントを選択すると、[Zoom ミーティングをYouTubeライブにブロードキャスト]というページに遷移するので、[プライバシー]を[プライベート]にして、[ライブへ]をクリックします。

⑤[ミーティングのライブストリームに向けて準備する]という画面から、Zoomで配信している動画が反映されたYouTubeのページへ遷移します。


 このように一度連携が完了すれば、どのミーティングルームからでもYouTube配信を開始することができます。

2.ライブ配信を予約する

2の予約配信する場合は、カスタムライブストリームを経由します。

①YouTubeでライブ配信動画を予約する

[YouTube Studio]の[管理]から[ライブ動画をスケジュール設定]に進みます。

一連の公開設定を進めると下記のような画面に遷移し、[ストリームキー]と[ストリームURL]が発行されていることを確認します。

②ミーティングを予約する

Zoomのミーティングルームを作成します、ルームを作成したあと、画面を下にスクロールすると、[ライブストリーム配信]という項目があるので、[カスタムストリーミングサービスを設定]をクリックします。

②カスタムストリーミングサービスを設定する

①のYouTubeで発行した[ストリームURL]と[ストリームキー]をそれぞれ入力します。[ライブストリーム配信ページのURL]にはYouTubeの動画リンクを入れ保存してください。

​​

③Zoomのミーティングルームを立ち上げ、ライブ配信を開始する

配信時間に近づいたら、Zoomを立ち上げましょう。[詳細]から[ライブ中のカスタムストリーミング配信サービス]を選択するとライブ配信が開始されます。


開始の起点はZoom側になるため、YouTube側の予約時間を過ぎても突然配信が始まることはありません。また予約時間前に開始をすることも可能です。

まとめ

ZoomとYouTubeの連携は複雑なステップを踏むため、あらかじめ操作方法を確認し、念入りにリハーサルを実施するようにしましょう。

EventHubではYouTubeなどの動画を埋め込むことができるほか、動画配信サービスを経由せず直接Zoomをイベントページに埋め込むことが可能です。そのため上記のような複雑なYouTube連携を行わずに、気軽にオンラインイベントを開催できます。

はじめてのオンラインイベントでも大丈夫!EventHubを活用したオンラインイベント事例集はこちら、サービス概要はこちらをご覧ください。

まずはEventHub概要資料をご覧ください。

お問い合わせはこちら
問合せ画像