オンラインの強み活かし、新たなピッチイベントに挑戦

主催者 Plug and Play

カテゴリー オンラインピッチイベント

開催期間 1日 参加人数 80名

開催期間 1日

参加人数 80名

quote 我々のグローバルコミュニティ内のミッションに共感していただいている方々とネットワークを築く機会や、我々が持っている様々なノウハウを提供し、スタートアップ成長の一助になりたい quote

山本悠愛

Plug and Play

このイベントについてお教えください。どのようなイベントなのでしょうか?

SIX powered by Plug and Play Japanは毎月金曜の朝に開催されるピッチイベントです。毎月トピックに合わせて6社のスタートアップを招待し、1社6分ずつピッチをしていただきます。そしてVC/エンジェル投資家のゲスト(Executive Observer)の方々によって質疑がなされます。


(Phote Credit:Plug and Play)

当イベントを開催するきっかけはスタートアップ成長の一助になりたいという思いからです。これまで様々な形でスタートアップ活性化を支援してきましたが、素晴らしいスタートアップであってもプログラムで採択できるスタートアップの数には限界がありますし、大企業とのコラボレーションを踏まえて採択しているので彼らのニーズと合わない場合があります。そこで何ができるかを模索した結果、スタートアップがもっと前に立ち、我々のグローバルコミュニティ内のミッションに共感していただいている方々とネットワークを築く機会や、我々が持っている様々なノウハウを提供することをスタートさせました。

今回開催したSIX powered by Plug and Play Japan MARCH Edition 3/27ではEventHub上でオンライン配信を行い、登壇スタートアップ、質疑応答を担当してくださるexcecutive observerの皆様、来場者、全員とEventHub上で繋がれるイベントでした。ピッチを観ながらチャット機能を利用してネットワーキングができる仕組みは従来にはなかったシステムです。


(Phote Credit:Plug and Play)

EventHubを導入していただいた背景・経緯、導入当時の期待をお教えください。

SIXは今年1月に新たに始めたばかりのイベントで、新型コロナウイルスの影響もあったので3月はどうやって開催できるかを考えていました。そんな時、EXPO(Plug and Playデモデイ)での利用について話を進めていたEventHubのリリースを見て、3月のSIXはEventHubとのコラボレーションで、完全オンライン配信/バーチャルネットワーキングという形式で、新たなピッチイベントの形をどう作れるのか、挑戦することにしました。

3月SIXを開催するにあたって、Plug and Playもオフラインイベントと遜色ないバリューをそのままオンラインでも届けられるか、またオンラインだからこそ提供できるバリューは何かについて深く考えました。

確かに対面だからこそ築ける人間関係やコミュニティの構成も重要です。オフラインバリュー全てをバーチャルでも提供することは難しいのですが、オフラインに劣らないクオリティや新たなバリューを提供し、オンライン配信・バーチャルマッチングだからこそ届けられる点もあるかと感じました。テクノロジーの発達と共に、たくさんのプロセスがバーチャル化、効率化されていく時代において、オンライン化を強要されているこのような状況だからこそSIXはこのオンラインが提供できるプラスの面に注目して、EventHubとの連携を決めました。

EventHubを利用して良かった点は何でしょうか?

まずマッチングシステムです。来場者はチャットや会いたいリクエストを通して、簡単に繋がることができます。「企業で探す」には登壇社の情報があるので、情報の共有に関しても効率が良かったと感じました。


またシンプルで使いやすいUIだったので、説明があまり必要なく、ユーザーに対する参加のハードルも高すぎず、気軽に参加できたと思います。主催者側としてもマッチング状況やユーザーの利用状況が細かくデータとして出るので、イベントエンゲージメントのトラッキングにも大いに役立ちました。

当日の結果、また、出展者様や来場者様の反応はいかがでしたでしょうか?

オンライン開催でしたが、当日用意していた60席のチケットは全て完売しました。視聴率もイベント中の9:00am ~ 10:15amの間は離脱者少なかったです(下記のデータ参照)


視聴率トラッキング)

 オンラインのチャレンジは視聴者側のための音声・画像クオリティの担保はもちろん、離脱しやすさから良いテンポを保って、面白さを常に届けることだと実感しました。HotScapeさんのロジ周りのヘルプも大きかったですが、参加者からはピッチイベントの臨場感がオンラインでも感じられたと好評でした。先ほどにも述べた通り、オンラインの良さを引き出しつつ、オフラインイベントにも劣らないバリューや臨場感が届けられたと思います。

山本悠愛

Plug and Play

まずは資料を
ダウンロードしてみよう!

お問い合わせはこちら

その他のケーススタディ