【Sansan×Box×Zoom共催】オンラインセミナーを参加者交流のきっかけに

主催者 Sansan株式会社

カテゴリー Live配信セミナー

開催期間 1日 参加人数 200人

開催期間 1日

参加人数 200人

quote オンラインセミナーという体験が単なる情報取得の機会に留まらず、参加者同士の出会いのきっかけになってほしい quote

厚木大地

Sansan株式会社

新型コロナによってリモートが本格化、働き方改革推進へ


―このセミナーについてお教えください。どのようなセミナーなのでしょうか?

働き方改革が推進され久しいですが、多くの企業が、求める形を達成できていないという現状です。しかし新型コロナウイルスの影響により、本格的にリモートワークを考えなければならなくなってしまいました。そのような不測の事態をチャンスに変え、働き方改革を推進するきっかけにしてほしい、そんな思いからセミナー開催に至りました。

今回は、Sansan、Box、Zoomの3社による共催セミナーで、各講師の自宅から配信する、オンライン形式にて実施しました。テーマは「リモートワーク」についてです。緊急時の対応策にとどまらず、平時より働き方を革新するための手段として、生産性向上や組織マネジメント、さらには企業の持続的成長を見据えた働き方などについてお伝えしました。また講演後には、リモートワークを導入する上で直面する数々の問題を考察し、参加者への質疑応答を交えながら、各社の取り組みをもとにパネルディスカッションをいたしました。 



(実際の様子)

オンラインセミナーを参加者交流のきっかけに


―EventHubを導入していただいた背景・経緯、導入当時の期待をお教えください。

 元々オフラインセミナーを数多く開催してきた弊社は、大型イベントでの活用を検討していたところ、3月上旬に代表の山本さんからご紹介いただきました。しかし新型コロナウイルスの影響もあり、今後のイベントの中止を余儀なくされ、オンライン開催への切り替えを検討し始めました。そこで重視したのが、オンラインでもオフライン同様にリッチな体験ができないかということです。

オンラインセミナーはハンズオンなども交え以前から多く開催してきましたが、リモートワークが推進される流れの中、この機会にアップデートすることに決めました。Sansanのミッションは「出会いからイノベーションを生み出す」です。この言葉にあるように、オンラインセミナーという体験が単なる情報取得の機会に留まらず、参加者同士の出会いのきっかけになることをテーマに掲げ、それを実現できそうという期待の元、EventHub導入に至りました。

EventHubではオフラインと遜色ない価値が提供可能に


―EventHubを利用して良かった点は何でしょうか?

全体的に設計がシンプルで使いやすく、スムーズに利用できました。イベントで複数画面を開くことはストレスにもなりますし、進行を妨げることさえあります。しかしEventHubでは1つのプラットフォーム上に、「配信動画、当日のプログラム、質疑応答、運営アナウンス、チャット機能」が配置されており、参加者にもそれぞれ開いてもらう必要がないですよね。登録・アンケートなど個人情報の入力に関しては1回で済むので参加者の負担も最小限に抑えられたと思います。

そして、ZoomやYouTubeとの連携可能な点も良かったです。セミナー配信の際は、パネリスト側でZoomを活用しました。そしてZoom Webinarでの配信動画をYouTube Liveに連携し、最終的に参加者にはEventHubのプラットフォーム上からセミナーを見ていただける仕組みです。このように運営側の操作性・配信安定性を担保した状態で、オンラインセミナーを実施する上でネックであった、参加ログの確認もでき、インサイドセールスから感謝の声もありました。参加者と講演者でプラットフォームを分けているため、参加者側へ誤って内容が漏れるなどの心配もなく、さらに音声や動画配信の乱れがないという点においては、参加者だけでなく講演者にとってもストレスがなく、セミナーに集中することができました。


―当日の結果、また、出展者様や参加者様の反応はいかがでしたでしょうか?

ツールや配信に関するネガティヴな意見はほとんど見受けられず、非常に好評でした。参加者からは「様々なwebセミナーに参加してきたが、本セミナーはとても見やすかった」「パネルディスカッションもわかりやすく、質問も簡単にできて良かったです」とシンプルで使いやすいという利便性やオンラインでも参加者同士の交流がしやすいと評価していただいています。共催先からは、普段使い慣れているZoomとの連携ができた点も良かったと評価していただきました。

本セミナーはオンラインでの開催だったので、場所を問わず誰でも参加できるものでした。このようにオンライン化が発達することによって、リモートワークをはじめとした働き改革も大きく変容を遂げていくでしょう。それに対して少しでも貢献できれば幸いです。

厚木大地

Sansan株式会社

まずは資料を
ダウンロードしてみよう!

お問い合わせはこちら

その他のケーススタディ