EventHub、日本発のイベントマーケティングプラットフォームで初となるAPI公開 〜第一弾 Adobe Marketo EngageとHubSpotとの連携を開始〜

株式会社EventHub (東京都中央区、代表取締役CEO:山本 理恵) が提供するイベントマーケティングプラットフォーム「EventHub(イベントハブ)」は、1月18日より日本発のイベントマーケティングプラットフォームとして初(※1)となるAPIを公開しました。API連携の第一弾としてAdobe Marketo EngageとHubSpotの2つのMAツールとの連携を開始したことをお知らせします。

開発の背景

昨今、商材の複雑化やコモディティ化により、マス広告で単にコンテンツを発信するだけではものが売りづらい時代になってきています。 そのような中でイベントは、映像や顧客との対話を交えて、サービス理解を促進させることを得意とするユニークな手法です。今後の企業のマーケティング活動を促進させるための有効的なチャネルと考え、本領域の拡大に取り組んでおります。 

今回のAPI公開は、 EventHubのミッションである「人がつながる、世界が近づく」の実現とイベントマーケティングの可能性を広げる重要な機能と考え、リリースに至りました。 今後は、多種多様な領域のツールとデータ連携し、イベントマーケティングをよりシームレスに実施できる世界を目指し、イベント主催者様はもちろん参加者様の体験向上を目指して参ります。

API公開により実現すること

APIを利用することで、EventHubの中に留まっていた参加者情報や行動ログ等を、自社で導入中のシステムに取り込むことや、他のサービスのデータをEventHubに連携することが可能になります。スムーズなデータ連携を実現し、イベントマーケティングの効果を最大化します。

Adobe Marketo Engage/HubSpotとのAPI連携

API連携の第一弾として、Adobe Marketo EngageとHubSpotの2つのMAツールとの連携を開始いたしました。
Adobe Marketo Engage/ HubSpotで作成した登録フォームから申込みした参加者の情報を自動でEventHubに登録することができ、申込完了メールも即時自動送信されます。また、イベント中に取得した行動ログ・視聴ログ・アンケート結果などを自動でAdobe Marketo Engage/HubSpotに連携することができるようになります。

MAツールとのデータ連携は、イベント主催者様の業務負荷の軽減につながり、効率的なイベント開催はもちろん、今までツールごとに分断されていたマーケティング情報の一元管理を実現します。

イベントの参加・不参加の情報を利用したメールコンテンツの出しわけ、アンケート結果やイベント中の行動ログを元にしたインサイドセールスからの電話、イベント直後の営業チームとの参加者情報のシームレスな連携など、スピーディーで新鮮な情報を用いた顧客フォローを実現し、事業成長に貢献します。

 

今後も当社では、EventHubと、多種多様な領域のプロダクトとのAPI連携を進め、日本におけるB2Bイベントマーケティングの進化を加速することを目指します。

API紹介のウェビナー情報

【タイトル】MarketoやHubSpotなどの外部ツールと連携!EventHubでAPIを活用し、シームレスなイベント運営を実現する方法
【配信日程】2023年2月9日(木)13:00~13:45
【参加申込】 お申し込み方法 こちらのイベントページよりお申し込みください。

上記のウェビナーでは新たにリリースされたAPIについてご紹介します。
具体的に連携できる外部ツール、どのように運営工数を削減できるのかやどのように活用できるのかなど、幅広くご紹介させていただきます。


Adobe Marketo Engage/ HubSpotとは?

・Adobe Marketo Engage
Adobe Experience Cloudのアプリケーションの1つである「Adobe Marketo Engage」は、
購買プロセスに応じたナーチャリングで収益最大化を求めるマーケティング担当者に最適なソリューションです。
自動処理、コンテンツ、リード開発、アカウントベースドマーケティングの力を結集した単一ソリューションで、世界最大級のマーケティングオートメーションプラットフォームです。
URL:https://business.adobe.com/jp/products/marketo/adobe-marketo.html

・HubSpot
「HubSpot」は、CRM(顧客関係管理)プラットフォームで、リード獲得や営業活動の促進、カスタマーサービスの効率化、ウェブサイト管理などに関わるツールや機能が含まれたソリューションです。世界120か国以上・15万8,000社で活用されており、幅広く企業の成長を支援しています。

2つのMAツールともに、営業とのスムーズな連携、マーケティング業務の自動化による生産性向上など、マーケティングとセールスを一つの包括的なソリューションにまとめて、企業が一貫して継続的かつ卓越した体験を顧客とのタッチポイントにおいて大規模に提供できるように支援しています。
URL:https://www.hubspot.jp/

イベントマーケティングプラットフォーム「EventHub」について

EventHubは、マーケティング、営業のためのウェビナー・カンファレンスを主軸に、展示会、学会や商談会を含む幅広いニーズで利用されているシェアNo.1(※)イベントマーケティングプラットフォームです。
イベント開催やデータ分析機能をはじめ、「顧客との接点」や「ビジネス創出につながる出会い」を最大化するコミュニケーション機能を多数有しています。エンゲージメントの高いイベントやウェビナーを実現し、企業の売上に繋がるリード獲得・商談獲得を通してマーケティング・営業活動を支援しています。

※日本マーケティングリサーチ機構調べ「オンラインイベント」に関する競合調査(2021年8月期)

【会社概要】
会社名 : 株式会社EventHub
所在地 : 〒103-0004
東京都中央区東日本橋2-24-9 LIT HIGASHI NIHOMBASHI WEEK 6階
代表者 : 代表取締役CEO 山本 理恵
設立年 : 2016年
URL:https://eventhub.jp/

(※1)日本発のイベントマーケティングプラットフォームを自社調査(2023年1月)。イベントマーケティングプラットフォームとは、イベントマーケティングに特化したシステムを指す、MAの様なマーケティング全般を支援するシステムは除く。

まずはEventHub概要資料をご覧ください。

お問い合わせはこちら
問合せ画像